外国人講師のレッスンで超使えるフレーズ10選

Good day!
札幌駅のマンツーマン個人英会話レッスンのサンフレンズ、日本人スタッフのKOJIです。
今回は「外国人講師のレッスンで超使えるフレーズ10選」をご紹介致します。
特に初めてネイティブ講師のマンツーマンレッスンを受講する方は、これらの表現を覚えておけば、話せる幅が広がって、より有意義なレッスンにして頂ける事間違い無しです。
まずはこれらの基本表現をおさえていきましょう。

もう一度言って貰えますか?

相手の言った事が聞き取れなかった時など、もう一度言って欲しい時にはこう言います。

Could you say that again?

その他にも例えば

・Can you say that again?(少しカジュアル)
・Please say that again.
・Once again?(かなりカジュアル)

など色々な言い方がありますから、自分の言いやすい・覚えやすい表現を使うと良いですね。

○○の意味はなんですか?

テキストブックなどを見ていてわからない表現があった時、又は相手の言った事が音としては聴き取れたものの意味がわからなかった場合などに非常に便利です。

What does -- mean?
*「--」の部分にはわからなかった単語などが入ります。

もしテキストブックなどの単語などを指す場合は
What does it mean?(わからない単語を指差しながら)
と言えばいいです。

その他には例えば
・What does this word mean?
・I don't know this word.
といった表現があります。

もっとゆっくり話して貰えますか?

相手の話すスピードが速くて聴き取りにくい場合などは、遠慮せずにこの一言を言いましょう!

Could you speak more slowly?

講師は色々なレベルの生徒様にレッスンを提供していますから、特にレッスン受講を始めた直後には貴方に最適な話すスピードを探っています。
ですので、「速い!」と感じたら遠慮なくどんどん言って下さい。

・Can you speak more slowly?(ややカジュアル)
・Please speak more slowly.

こう言った表現も可能です。

それを(黒板に)書いて貰えますか?

講師から新しい表現などについて解説してもらった時など、その内容をレッスンルームのホワイトボードに書いて欲しい場合に使える一言がこれです。

Could you write it on the whiteboard?

サンフレンズの英語レッスンではそこまで頻繁にホワイトボードを使う事はありませんが、このような場合は遠慮せずに「書いてくれ!」と伝えましょう。

・Can you write it on the whiteboard?
・Please write it on the whiteboard.

これらもOKです。

あなたはどうですか?

レッスン受講を始めたばかりの時は、会話のキャッチボールを繰り返す事は難しいかも知れません。
しかし貴方から講師へどんどん新しい話題を振る事は難しくても、講師から聞かれた質問を「貴方はどう?」と聞き返す事は容易です。
そんな時はこれが本当に便利で簡単。

How about you?

どんな話題の時でも、相手の見解を尋ねる場合に使えます!
初心者の方は特に、これをどんどん使う事をお勧めします。

○○ってどう綴りますか?

「"セプテンバー"ってどう綴るの?」といったように単語などのスペルを尋ねる時に使える一言です。

How do you spell -- ?
*「--」にはスペルがわからない単語が入ります。

スペルを尋ねることは他のフレーズよりも頻度が低いかも知れませんが、覚えておくと便利です。

今まで○○に行った事がありますか?

これは英語を話す上で様々なシチュエーションで頻繁に使う表現です。
「〜した事があるか?」という今までの経験などを尋ねる現在完了形の文です。

Have you ever been to --?

["今まで〜した事ある?"の例文]

・Have you ever been to Canada? (今までカナダに行った事がある?)
・Have you ever eaten Natto?(今まで納豆食べた事ある?)
・Have you ever met any celebrities?(今まで誰か有名人に会った事ある?)

(直近で)最後に○○したのはいつですか?

前項と同様に話の幅を広げるための一言で、優先度は低いですが覚えていくと便利です。

When was the last time you - -?
*「--」には「動詞の過去形+目的語」などが入ります。

[例文]

・When was the last time you saw your parents?(最後に両親に会ったのはいつ?)
・When was the last time you played basketball?(最後にバスケしたのはいつ?)
・When was the last time you went back to your country?(最後に貴方の国に里帰りしたのはいつ?)

貴方の好きな○○はなんですか?

中学序盤で習う基本単語の"favorite"ですが、日常会話では非常によく使える単語です。

What is your favorite --?

[例文]

・What is your favorite soccer team?(貴方の好きなサッカーチームはなんですか?)
・What is your favorite ramen shop?(貴方の好きなラーメン屋はなんですか?)

次回レッスンを○○の△△時に取りたいです。

レッスンの次回予約をしたい時に、講師の予定を確認するための一言です。

I want to take your lesson on -- at △△.

「--」の所には日付が入りますが、基本的に英語では「日→月」の順番で日付を言います。
(この辺りは日本語の順番「月→日」でも全然伝わるのでOK!)
「△△」には時刻が入ります。午前なら「am」、午後なら「pm」を付けます。

[例文]

・I want to take your lesson on 1st July at 6pm.(7月1日6pmにレッスンを取りたいです。)
・I want to take your lesson on 25th September at 11am.(9月25日11amにレッスンを取りたいです。)

まずは無料体験レッスンから始めましょう

サンフレンズでは30分間無料の体験レッスンを提供しております。
レッスンを実際に体験して頂くと共に、当校の雰囲気を感じて頂けたら幸いです。
毎月10名様限定で無料提供しておりますので、お早めにお申し込み下さい!

おすすめの記事